【FF14】ACT スペスペの防御バフリキャスト管理 テンプレ

今回はACTのプラグインであるHojoring (補助輪)と、その中の一つであるSpecial Spell Timer (スペスペ) を使った防御バフ管理のテンプレの紹介になります。

攻略中に録画しておくと、バフが余ってたりしないか確認できる便利なツールになります。また使った使っていない問題も解消できるのでヒーラーおすすめのテンプレです。

導入方法は説明しませんので、導入方法がわからない方は自分で調べて導入してください。

Hojoring (補助輪)とは…全体の説明

補助輪はFF14で使える便利な機能を詰め込んだ有志が作ったプラグインです。

SpecialSpellTimerは主にアビリティのリキャストを可視化して管理したり、敵のギミックを通知したりできるツールです。

例えば、PTメンバーが「だまし討ち」や「連環計」などを使用したときに、音声などで技を使ったことや、あと何秒でリキャストが返ってくるかなどを通知したりすることができます。

補助輪のYUKKURIを使うことでさとうささらのボイスや無能ボイス、棒読みちゃんなど使えることができます。

ただしさとうささらボイスは別途ライセンスを購入しないと使えません。

他にもリミットブレイクなど大技にトリガーを設定して、カットイン風に使うこともできます。

こんな感じのカットインを自分で作れたりします。リキャスト管理だけじゃないんです。

こういったカットインはPhotoshopなどを使って製作します。

UltraScouterはターゲットのHPや距離、敵の位置などを検知してモブハントなどにも使われているツールになります。また簡易的なFFlogsの履歴書などもオーバーレイ上に見れたりする狂気的な機能も兼ね備えています。

今回は SpecialSpellTimerを使ったリキャスト管理ができるテンプレをご紹介します。

防御バフテンプレ【リキャスト管理編】

まずスペスペの項目を説明していきます。

スペルの名前は自分がわかりやすいように設定してください。私はそのままアクション名を入れてます。

スペルパネルはカテゴリのことで自分でカテゴリを作って整理することができます。

表示の優先順位はソート順で並び方を選択したときに割り振られた順番に並び替えることができます。

マッチングワードはFF14内のバトルログ(チャット欄)や生成されるログから検出できるワードを設定します。ここが間違っているとトリガーは反応しません。

正規表現は$や.*?などの通常のログには流れてこない特殊なキーワードを含んでいるときにチェックを入れておく。と覚えておけば大丈夫です。膨大なデータログから正規表現を使ってマッチさせると非常に便利です。

$や.*?ってなんなの?

$は正規表現で、”直前の文字が行の 末尾 にある場合にマッチする”という定義で使われています。

例えば【の「バトルリタニー」】をマッチングワードにすると、【の「バトルリタニー」が切れた。】にも反応してしまいます。なぜなら【の「バトルリタニー」】が含まれているからです。

そこで$を使うことによって【の「バトルリタニー」】で終わるワードのみに反応するようにします。

.*?は正規表現の組み合わせで、大雑把に説明すると”なんでもいい1文字以上“というものです。

正規表現は使いすぎるとACTの動作が重たくなります。筆者はスペスペに多量の正規表現を使っていますが、i7-8700KのCPU、32GBのメモリでめちゃくちゃ重たいと感じたことはあまりありません。

リキャスト時間はそのままリキャスト時間をいれます。私はリキャストの管理が1秒なぜかずれているのでリキャスト時間-1秒で設定しています。(テンプレリストには反映していません)

延長マッチングワードはマッチしている状態で延長マッチングワードに設定しているワードが引っ掛かった場合、時間を延長したり短縮できます。

防御バフリキャストテンプレ一覧

アクション マッチングワード リキャスト
ランパート <TANK1>の「ランパート」$ 90
リプライザル <TANK1>の「リプライザル」$ 60
シェルトロン <TANK1>の「シェルトロン」$ 5
センチネル <TANK1>の「センチネル」$ 120
インビンシブル <TANK1>の「インビンシブル」$ 420
ディヴァインヴェール <TANK1>の「ディヴァインヴェール」$ 90
インターベンション <TANK1>の「インターベンション」$ 10
パッセージ・オブ・アームズ <TANK1>の「パッセージ・オブ・アームズ」$ 120
スリル・オブ・バトル <TANK1>の「スリル・オブ・バトル」$ 90
ヴェンジェンス <TANK1>の「ヴェンジェンス」$ 120
ホルムギャング <TANK1>の「ホルムギャング」$ 240
原初の直感 <TANK1>の「原初の直感」$ 25
エクリブリウム <TANK1>の「エクリブリウム」$ 60
シェイクオフ <TANK1>の「シェイクオフ」$ 90
原初の猛り <TANK1>の「原初の猛り」$ 25
シャドウウォール <TANK1>の「シャドウウォール」$ 120
ダークマインド <TANK1>の「ダークマインド」$ 60
リビングデッド <TANK1>の「リビングデッド」$ 300
ブラックナイト <TANK1>の「ブラックナイト」$ 15
ダークミッショナリー <TANK1>の「ダークミッショナリー」$ 90
カモフラージュ <TANK1>の「カモフラージュ」$ 90
ネビュラ <TANK1>の「ネビュラ」$ 120
オーロラ <TANK1>の「オーロラ」$ 60
ボーライド <TANK1>の「ボーライド」$ 360
ハート・オブ・ライト <TANK1>の「ハート・オブ・ライト」$ 90
ハート・オブ・ストーン <TANK1>の「ハート・オブ・ストーン」$ 25

正規表現にはチェックを入れてサブタンクのリキャストを作るときは<TANK1>を<TANK2>に変更してください。

防御バフテンプレ【効果時間管理編】

効果時間を表示させれことによってタンクをターゲットしていなくても効果時間を知ることができるのでとても便利です。特に暗黒騎士のリビングデッドには効果絶大です。

防御バフ効果時間テンプレ一覧

アクション マッチングワード リキャスト
ランパート <TANK1>に「ランパート」の効果 20
リプライザル <TANK1>の「リプライザル」$ 10
シェルトロン <TANK1>に「シェルトロン」の効果 6
センチネル <TANK1>に「センチネル」の効果 15
インビンシブル <TANK1>に「インビンシブル」の効果 10
ディヴァインヴェール <TANK1>に「ディヴァインヴェール」の効果 30
インターベンション <TANK1>に「インターベンション」の効果 6
パッセージ・オブ・アームズ <TANK1>の「パッセージ・オブ・アームズ」$ 18
スリル・オブ・バトル <TANK1>に「スリル・オブ・バトル」の効果 10
ヴェンジェンス <TANK1>に「ヴェンジェンス」の効果 15
ホルムギャング <TANK1>に「ホルムギャング」の効果 8
原初の直感 <TANK1>に「原初の直感」の効果 6
シェイクオフ <TANK1>の「シェイクオフ」$ 15
原初の猛り <TANK1>に「原初の猛り」の効果 6
シャドウウォール <TANK1>に「シャドウウォール」の効果 15
ダークマインド <TANK1>に「ダークマインド」の効果 10
リビングデッド <TANK1>に「リビングデッド」の効果 10
ウォーキングデッド <TANK1>に「.*?ウォーキングデッド」の効果 10
ブラックナイト <TANK1>に「ブラックナイト」の効果 15
ダークミッショナリー <TANK1>の「ダークミッショナリー」$ 15
カモフラージュ <TANK1>に「カモフラージュ」の効果 20
ネビュラ <TANK1>に「ネビュラ」の効果 15
オーロラ <TANK1>に「オーロラ」の効果 18
ボーライド <TANK1>に「ボーライド」の効果 8
ハート・オブ・ライト <TANK1>の「ハート・オブ・ライト」$ 15
ハート・オブ・ストーン <TANK1>に「ハート・オブ・ストーン」の効果 7

正規表現にはチェックを入れてサブタンクのリキャストを作るときは<TANK1>を<TANK2>に変更してください。

リビングデッドやパッセージオブアームズ、全体軽減などは詳しく解説していきます。

リビングデッドについて追記

リビングデッドは特殊でリビデの効果が切れるとウォーキングデッドになります。ですのでリビングデッドとウォーキングデッドを分ける必要があるので分けています。

ここで2重に効果が出ないように延長マッチングワードを追記します。

ここで延長マッチングワードを記載しておくとリビデの効果がウォーキングデッドに変わったときに瞬時にリビデの表記が消え、スムーズにウォーキングデッドの表示に移行できるようにしています。

こちらはウォーキングデッドのマッチングキーワードと延長マッチングキーワードです。この.*?は正規表現でデバフがマッチングしない現象を正規表現でカバーしています。(バグなのかわかりませんが私の環境では普通に組んでもマッチングしなかったので強力な規表現を使っています)

ウォーキングデッドが解除されたらアイコンも消える仕様になっております。

パッセージ・オブ・アームズについて追記

パッセはアクション(移動や攻撃)を行うと1Tickだけ効果が残りますが、効果時間を全部使うのが珍しいアビリティです。ですので効果が切れるとそのまま効果を消す延長マッチングワードを追記する必要があります。

この延長マッチングキーワードを記載しておくと管理がスムーズになります。またディヴァインベールや戦士のシェイクオフも同様の追記をしておきます。

全体軽減について追記

全体軽減はどうしても<TANK1>や<TANK2>にも同じ効果がついてしまうので、表示がおかしくならないように使用者に軽減表示をさせるようにしています。その関係で文末に$の正規表現を付けています。

これで誰の全体軽減化差別化することができます。主に極などのコンテンツファインダーでタンクのジョブが被ったときに効果を発揮できます。

FF14プレイ画面のプレビュー

全部のリキャストや効果中のスペスペを展開するとこんな感じになります。
使用イメージ

ほかのリキャストも管理しているのでごちゃごちゃになっていますが、こんな感じになります。

ビジュアルの設定はこちら

フォントはお好きなフォントをご使用ください。私はフォントワークスのコメット Bを使っています。おすすめはYu Gothic UI(游ゴシック)です。シンプルで昔よく使ってました。

プログレスバーはCircle Styleにチェックを入れています。バーは円形になりますが、アイコンは円形にならないのでご注意を。

アイコンはPhotoshopで円形に切り抜いて使っています。また、プログレスバーのWの値とアイコンのサイズは同じしておくと見栄えが良くなります。

その他は画像通りに設定すればプレビューのような感じになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

さらちゃん
さらちゃんとしてエオルゼアに降り立ったのは2014年6月13日。
Shinryuでスタートしレイド攻略に興味を持ちました。邂逅編と侵攻編を詩人でクリア、真成編を学者でクリア、起動編、律動編、天道編とデルタ編は白魔道士でクリアできました。
紅蓮のリベレーター中旬時代からFF14を長期休止しており、空白の期間に絶シリーズが解放されていたのでクリアするために必死でした。絶バハと絶テマを初めてクリアできたときはめちゃくちゃ嬉しかったです。また絶テマ固定だけクリア者抜きでの挑戦だったのでいい経験になりました。初見だけで攻略するFF14はアドバイスがないので三思後行、切磋琢磨できる楽しい環境でした。絶アレキも、もちろんクリアしました。
過去にクリアしたコンテンツは絶バハを3固定で、絶アルテマを3固定、絶アレキを2固定、その他零式は全てクリア。
普段はFenrirのミストヴィレッジの海岸でひっそりと暮らしています。