【FF14】占星術師のアクション解説!使用頻度や用途なども!パッチ5.5

こんにちは、さらちゃんです。

今回は占星術師のアクションの使用頻度や用途などの解説をしていきたいと思います。

修得順に目次で並べましたのでクリックやタップしてジャンプすることもできます。

Lv1~Lv50で修得できるアクションや特性

新生エオルゼア時代のアクションの解説です。ここで覚えるアクションはLv80になってもよく使う重要なアクションばかりです。

一部攻撃アクションは特性のマスタリーで進化していきます。

マレフィク

評価 :5/5。
アクション 効果

マレフィク
対象に無属性魔法攻撃。
威力:150
修得 種類 消費MP
Lv1 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
1.5秒 2.5秒 25m0m

最初から覚えている魔法———マレフィクです。

やることがないときに連打してDPSを稼ぎましょう。占星術師は星座がテーマなので他のヒーラーと比べてエフェクトが綺麗です。

ベネフィク

評価 :1.5/5。
アクション 効果

ベネフィク
対象のHPを回復する。
回復力:400
追加効果(発動確率15%):次に詠唱するベネフィラが必ずクリティカルヒットする
効果時間:15秒
修得 種類 消費MP
Lv2 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
1.5秒 2.5秒 30m0m

ベネフィラを覚えるまでの繋ぎの回復魔法です。Lv30まではベネフィクをしっかり使ってパーティを維持しましょう。

ベネフィラを覚えたあとは、本当にMPがないときや、HPの調整に使うくらいでそこまで使用頻度は高くないです。

今後どんどん優秀なアビリティを覚えていくので、序盤のヒーラーの基礎としてしっかり使っていきましょう。

コンバス

評価 :5/5。
アクション 効果

コンバス
対象に無属性の継続ダメージを付与する。
威力:40
効果時間:18秒
修得 種類 消費MP
Lv4 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 2.5秒 25m0m

コンバスを維持しつつ、マレフィクを撃つのが占星術師の基本的な攻撃スタンスになります。体力の少ない敵にコンバスを撃っても継続時間のダメージが残ってしまえば、その分無駄になってしまいますので、敵の体力で撃つ撃たないを決めておきましょう。

ここでしっかり基礎を染みつけておけば攻撃のスキル回しの土台は完成します。

総威力は240です。序盤で覚える継続ダメージでは他のヒーラーと比べて一番高いです。

ライトスピード

評価 :5/5。
アクション 効果

ライトスピード
一定時間、魔法の詠唱時間を2.5秒短縮させて詠唱することができる。
効果時間:15秒
修得 種類 消費MP
Lv6 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 90秒 0m0m

アセンド以外の魔法のキャストが無しになります。なので15秒間迅速魔が付いているかのような効果になります。しかしアセンドはキャストが8秒なので5.5秒の詠唱が残ります。

タイムラインに長距離の移動が含まれる場合、ライトスピードを使うと効果的です。

ちなみにリキャスト時間は90秒と記載していますが、これはレベル68の追加効果ですので、レベル68までは120秒になります。

ヘリオス

評価 :2/5。
アクション 効果

ヘリオス
自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復する。
回復力:330
修得 種類 消費MP
Lv10 魔法 MP700
キャスト リキャスト 距離 範囲
2秒 2.5秒 0m15m

ヘリオスは全体回復です。Lv42で覚えるアスペクト・ヘリオスの穴埋めで使うことがたまーにあるくらいです。

アスペクト・ヘリオスを覚えるまでは、ヘリオスで全体攻撃のアフターケアをしていきましょう。

アセンド

評価 :4/5。
アクション 効果

アセンド
対象を衰弱状態で蘇生する。
修得 種類 消費MP
Lv12 魔法 MP2400
キャスト リキャスト 距離 範囲
8秒 2.5秒 30m0m

蘇生魔法です。詠唱に8秒もかかるので、迅速魔を合わせて使いましょう。MPの消費もすごいので攻略中はエーテルを持っておくのがおすすめです。

蘇生を入れた後の体力は2割なので回復をできる時間を逆算して蘇生を入れてあげましょう。おすすめは他の追従を許さない速攻のディグニティです。

ちなみに蘇生できるジョブは、白魔道士、学者、占星術師、召喚士、赤魔道士で、中でも赤魔道士が一番蘇生しやすいジョブです。DPSキャスターのMPは無尽蔵にあると思ってて問題ないです。

ディグニティ

評価 :5/5。
アクション 効果

ディグニティ
対象のHPを回復する。
回復力:400~1100
対象の残りHPが低いほど回復力が上昇する。
最大チャージ数:2
修得 種類 消費MP
Lv15 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 40秒 30m0m

ディグニティは単体回復の要となるアビリティです。残りHPが少ないほど回復量が多くなる特殊な効果を持っているので、体力が半分以下のときに使うのがおすすめ。ギリギリで使うのもいろいろと気が引けるので…

ベネフィラ→即ディグニテイは有名なスキル回しです。というのも魔法の回復判定が少し遅いのでHPの参照がベネフィラの回復量前になります。大きく体力戻すときはこの手法を使いましょう。

アクションダメージ・回復量アップ

特性名 修得 効果

アクションダメージ・回復量アップ
Lv20 自身のオートアタックを除くアクションによる、ダメージと回復量をベース値の1.1倍にする。

ちょっぴりダメージと回復量が上がります。

ベネフィラ

評価 :3/5。
アクション 効果

ベネフィラ
対象のHPを回復する。
回復力:700
修得 種類 消費MP
Lv26 魔法 MP700
キャスト リキャスト 距離 範囲
2秒 2.5秒 30m0m

体力を一気に戻すことができる魔法です。占星術師はMP700で使えて白魔道士と比べてお得感がありますが使い過ぎは厳禁。基本的にディグニティや星天交差のアビリティで単体回復して、それでも足りないときの最終手段で使いましょう。

DPSの体力を約3分の1戻し、タンクの体力を約5分の1戻せると覚えておきましょう(Lv80時体力換算)

ドロー

評価 :5/5。
アクション 効果

ドロー
カードをドローする。
「プレイ」および「マイナーアルカナ」が引いたカードに応じたアクションに変化する。
追加効果:自身のMPを最大MPの8%分回復する。
修得 種類 消費MP
Lv30 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 30秒 0m0m

上手い占星術師はDPSの4分の1をシナジーから吸収しています。例えば12000DPSが出ていれば15000DPSくらいになっているでしょう。それくらいディヴィネーションを含むカードのバフは重要なのです。

侍がいるなら返し雪月花+必殺剣・閃影にバフを合わせる。忍者がいるならだまし討ち(氷晶乱流の術)に合わせる。召喚がいるならトランス・フェニックスに合わせる。DPSのスキル回しを知り尽くし、欲しいタイミングで完璧に投げることができればプロの占星術師と言えるでしょう。

まさに玄人向けジョブ。DPSの観点から言えば占星術師はドローが全てです。

近接向けカード 遠隔向けカード
アーゼマの均衡 世界樹の幹
オシュオンの矢 サリャクの水瓶
ハルオーネの槍 ビエルゴの塔
クラウンロード クラウンレディ
近接 モンク、竜騎士、忍者、侍
遠隔 詩人、機工士、踊り子、黒魔道士、召喚士、赤魔道士
ジョブ アクション 優先度
モンク 踏鳴連撃コンボ
竜騎士 ナーストレンド+スターダイバー
忍者 だまし討ち+氷晶乱流の術
返し雪月花+必殺剣・閃影
詩人
機工士
踊り子
黒魔道士 ゼノグロシー+デスペア
召喚士 トランスフェニックス
赤魔道士 エンリポコンボ

ダイアーナルセクト

評価 :5/5。
アクション 効果

ダイアーナルセクト
自身の一部の回復系アクションに継続回復効果を付与する。
再使用で解除する。
効果時間:永続
「ノクターナルセクト」とは同時に使えない。
リキャストタイマーを「ノクターナルセクト」と共有する。
自身が戦闘状態の場合は「ノクターナルセクト」への切り替えや解除をすることはできない。
修得 種類 消費MP
Lv30 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 5秒 0m0m

白魔道士と同じピュアヒーラーになるスタンスです。占星術師はダイアとノクタに分かれており、片割れのノクタは学者と同じバリアヒーラーのスタンスになることができます。

ダイアのスタンスになることによって「アスペクト・ベネフィク」「アスペクト・ヘリオス」「運命の輪」「星天対抗」「星天交差」の効果内容が変わります。

アクション ダイア回復力 ノクタ回復力
アスペクト・ベネフィク 1200 700
アスペクト・ヘリオス 700 450
運命の輪(瞬間) 600 + 1Tick軽減 100 + 20秒軽減
星天対抗 700 450
星天交差 600 750

学者が相方であればダイヤにスタンスして、白魔道士が相方であればノクタのスタンスを選択してください。共に占星術師であれば異なるスタンスで攻略しましょう。

IDなどはダイヤでもノクタでもどちらでも大丈夫です。ちなみに私はノクタが好きです。回復力的にはダイアのほうが高いです。ID程度ならお好みでどうぞ。

アスペクト・ベネフィク

評価 :5/5。
アクション 効果

アスペクト・ベネフィク
対象のHPを回復する。
回復力:200
ダイアーナルセクト時追加効果:対象のHPを継続回復する
回復力:200
効果時間:15秒
この継続回復効果は同時に1つしか付与されない。
ノクターナルセクト時追加効果:対象に一定量のダメージを防ぐバリアを張る。
このバリアは回復量の250%分のダメージを軽減する。
効果時間:30秒
学者の鼓舞効果とは同時に付与されない。
発動条件:「ダイアーナルセクト」または「ノクターナルセクト」効果中
修得 種類 消費MP
Lv34 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 2.5秒 30m0m

ダイアであればリジェネと同等の回復力1200、ノクタだと微劣化版鼓舞で総回復力700です。絶だと必須レベルに強い魔法です。

占星術師はMP周りの見直しがされてからすごくMPに余裕が持てるようになりました。適切にカードやルーシッドドリームでMP回復していれば、MPがなくなることはありません。

この効果で消費MPがマレフィジャと同じ消費MP400は強すぎます。しかし、ノクタの時は消費MPが700に増加します。ご注意を…

ベネフィク効果アップ

特性名 修得 効果

ベネフィク効果アップ
Lv36 次に詠唱するベネフィラが必ずクリティカルヒットする
効果時間:15秒
発動条件:ベネフィク実行時(発動確率15%)

期待するだけ無駄な特性です。運要素が絡むのはあまりよろしくないです。

リドロー

評価 :5/5。
アクション 効果

リドロー
カードをドローしなおして異なるカードをドローする。
最大チャージ数:3
発動条件:カードをドローしている
修得 種類 消費MP
Lv40 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 30秒 0m0m

ディヴィネーションのシンボルを合わせるアビリティです。あと忍者や侍、召喚士の最大火力に合わせるために調整したりもします。

アクションダメージ・回復量アップII

特性名 修得 効果

アクションダメージ・回復量アップII
Lv40 自身のオートアタックを除くアクションによる、ダメージと回復量をベース値の1.3倍にする。

少しダメージと回復量が上がります。

アスペクト・ヘリオス

評価 :4/5。
アクション 効果

アスペクト・ヘリオス
自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復する。
回復力:200
ダイアーナルセクト時追加効果:対象のHPを継続回復する
回復力:100
効果時間:15秒
この継続回復効果は同時に1つしか付与されない。
ノクターナルセクト時追加効果:対象に一定量のダメージを防ぐバリアを張る。
このバリアは回復量の125%分のダメージを軽減する。
効果時間:30秒
学者の鼓舞効果とは同時に付与されない。
発動条件:「ダイアーナルセクト」または「ノクターナルセクト」効果中
修得 種類 消費MP
Lv42 魔法 MP800
キャスト リキャスト 距離 範囲
2秒 2.5秒 0m15m

白魔道士でいうメディカラ、学者でいう鼓舞激励の策みたいな魔法です。考え方は白魔道士や学者と同じでダイアのときは総回復力700。継続回復の効果が残っていればヘリオスを使うように。ノクタのときは総回復力が450で学者よりも効果は強いです。かなり強い全体攻撃が来るときにバリアを貼ってしっかり軽減してあげましょう。高難易度ほど活躍する魔法です。

ちなみにLv60で覚える星天対抗と効果は同じで、星天対抗はアビリティになっています。

グラビデ

評価 :3.5/5。
アクション 効果

グラビデ
対象とその周囲の敵に無属性範囲魔法攻撃。
威力:140
修得 種類 消費MP
Lv45 魔法 MP600
キャスト リキャスト 距離 範囲
1.5秒 2.5秒 25m5m

白魔道士や学者に比べて明らかに使いにくい範囲攻撃魔法です。なぜなら対象とその範囲を攻撃するところにあります。常にグループの真ん中の敵にターゲットを合わせて攻撃しなければならないのと、対象が詠唱中に死んでしまったら詠唱がキャンセルされてしまうのが少し厄介だからです。

キャストは1.5秒なので範囲攻撃しつつパーティメンバーにカードを配ってあげましょう。

コンバラ

評価 :5/5。
アクション 効果

コンバラ
対象に無属性の継続ダメージを付与する。
威力:50
効果時間:30秒
修得 種類 消費MP
Lv46 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 2.5秒 25m0m

総威力240にコンバスから総威力500のコンバラに進化しました。継続ダメージは3秒を切ってからしっかり更新しましょう。

コンバスマスタリー

特性名 修得 効果

コンバスマスタリー
Lv46 コンバスがコンバラに変化する。

これに伴って、コンバスが使えなくなりコンバラを使えるようになります。

ノクターナルセクト

評価 :5/5。
アクション 効果

ノクターナルセクト
自身の一部の回復系アクションに被ダメージを吸収するバリア効果を付与する。
また、アスペクト・ベネフィクの消費MPが増加する。
再使用で解除する。
効果時間:永続
「ダイアーナルセクト」とは同時に使えない。
リキャストタイマーを「ダイアーナルセクト」と共有する。
自身が戦闘状態の場合は「ダイアーナルセクト」への切り替えや解除をすることはできない。
修得 種類 消費MP
Lv50 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 5秒 0m0m

バリアヒーラーにスタンスできるアビリティです。基本的な考え方は学者と変わりませんが、アスペクト・ベネフィクの消費MPが増加しているので気を付けましょう。

シナストリー

評価 :2.5/5。
アクション 効果

シナストリー
パーティメンバーひとりを対象とする。
自身またはパーティメンバーに単体回復魔法を実行した場合に、シナストリーの対象となったパーティメンバーのHPを、その回復量の40%分回復する。
効果時間:20秒
修得 種類 消費MP
Lv50 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 120秒 30m0m

効果を読んでもいまいちよくわからないのがシナストリー。例えばパーティにナイトと忍者がいたとしましょう。忍者にシナストリーを付与してナイトにベネフィラを使うと、ナイトにはベネフィラの回復力700の効果がありますが忍者にも40%分の回復力280が忍者にも回復できるのです。さらにナイトにシナストリーを付与してナイトにベネフィラを使うと回復力700+280で総回復力980の回復をすることもできます。

ですので、ベネディクションが使える白魔道士がいないとき、暗黒騎士のリビデ戻しや戦士のホルム、ガンブレのボーライドの回復にはかなり有効なアビリティと言えるでしょう。

ちなみに単体回復魔法なのでベネフィクとベネフィラ、アスペクト・ベネフィクしか効果はありません。

マイナーアルカナ

評価 :4/5。
アクション 効果

マイナーアルカナ
カードをドローすると、このアクションが引いたカードに応じたアクションに変化する。
アーゼマの均衡、オシュオンの矢、ハルオーネの槍を引いた場合は「クラウンロード」に、世界樹の幹、サリャクの水瓶、ビエルゴの塔を引いた場合は「クラウンレディ」に変化する。
自身またはパーティメンバーひとりを対象として実行すると、カードの効果を付与することができる。
カードの効果は同時に1つしか付与されない。
発動条件:カードをドローしている
修得 種類 消費MP
Lv50 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 1秒 0m0m

シンボルが揃っているときや時間を逆算してカードを切ってもディヴィネーションに持っていけないときに使うアビリティです。クラウンロードやクラウンレディは効果量は大きいものの、シンボルに影響しませんので効果量だけに惑わされないようにしましょう。

一番大切なのはシンボル集めです。余ったときのマイナーアルカナです。

ディヴィネーション

評価 :5/5。
アクション 効果

ディヴィネーション
自身と周囲のパーティメンバーの与ダメージを上昇させる。
このアクションの効果量は、自身に付与されているディヴィネーションシンボル「太陽」「月」「星」の種類数により変化する。
シンボルが1種類のときの効果量:4%
シンボルが2種類のときの効果量:5%
シンボルが3種類のときの効果量:6%
効果時間:15秒
ディヴィネーションシンボルは自身が戦闘状態でカードアクションを実行すると付与される。
発動条件:ディヴィネーションシンボルが3つ付与されている
修得 種類 消費MP
Lv50 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 120秒 0m15m

占星術師最強のアビリティです。できれば3種類のシンボルを集めて最大効果を発揮したいですが、運が悪ければ2種類になってしまうときがあるので、運命に導かれなかったんだなと思ってワイプしてください。

必ず絶対時間通りにアビリティを使いましょう。6分の薬バーストのときはディヴィネーション+マイナーアルカナで最大限のシナジーを与えてあげましょう。

Lv51~Lv60で修得できるアクションや特性

ここからは蒼天のイシュガルドで修得できるアクションと特性の紹介です。

ここからはアビリティの修得が多くなってきます。数は少ないですがしっかり効果も覚えておきましょう。

マレフィラ

評価 :5/5。
アクション 効果

マレフィラ
対象に無属性魔法攻撃。
威力:170
修得 種類 消費MP
Lv54 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
1.5秒 2.5秒 25m0m

マレフィクと比べて威力が20増えました。

マレフィクマスタリー

特性名 修得 効果

マレフィクマスタリー
Lv54 マレフィクがマレフィラに変化する。

これに伴って、マレフィクが使えなくなりマレフィラを使えるようになります。

運命の輪

評価 :5/5。
アクション 効果

運命の輪
自身を中心に運命の輪を生成する。
ダイアーナルセクト時効果:範囲内にいる自身およびパーティメンバーの被ダメージを10%軽減する。
効果時間:18秒
さらに、範囲内にいる自身およびパーティメンバーに継続回復効果を付与する。
回復力:100
効果時間:15秒
ノクターナルセクト時効果:範囲内にいる自身およびパーティメンバーを継続回復する。
回復力:100
効果時間:18秒
さらに、範囲内にいる自身およびパーティメンバーの被ダメージを10%軽減する効果を付与する。
効果時間:20秒
効果時間中にアクションの実行や移動・ターンを行うと、運命の輪は即座に消える。
発動条件:「ダイアーナルセクト」または「ノクターナルセクト」効果中
実行後にオートアタックを停止する。
修得 種類 消費MP
Lv58 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 60秒 0m8m

運命の輪は最大18秒使えますが、18秒何もできなくなるので基本的に3秒以内で使いましょう。

途中で切ることでスタンスによって得られる効果が違います。使い方を解説していきます。

まずダイアの場合、輪を生成している間は軽減の効果と継続回復の効果が付与され輪が消えると約3秒したら軽減の効果はなくなりますが、継続回復の効果は続きます。ですので、全体攻撃が来るタイミングを見計らって3秒の軽減を合わせるという形になります。もしくは回復目的で使うことが多いです。総回復力は600です。

ノクタの場合は、輪を生成している間は継続回復の効果と軽減の効果が付与され輪が消えると約3秒したら継続回復の効果はなくなりますが、軽減の効果は続きます。ですので軽減が20秒続くのでできるだけ多くの軽減をできるところで使うと効果的です。

星天対抗

評価 :5/5。
アクション 効果

星天対抗
自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復する。
回復力:200
ダイアーナルセクト時追加効果:対象のHPを継続回復する
回復力:100
効果時間:15秒
この継続回復効果は同時に1つしか付与されない。
ノクターナルセクト時追加効果:対象に一定量のダメージを防ぐバリアを張る。
このバリアは回復量の125%分のダメージを軽減する。
効果時間:30秒
発動条件:「ダイアーナルセクト」または「ノクターナルセクト」効果中
修得 種類 消費MP
Lv60 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 60秒 0m15m

アスペクト・ヘリオスのアビリティにしたアクションです。強いので無駄なく使いましょう。

Lv61~Lv70で修得できるアクションや特性

紅蓮のリベレーターで修得できるアクションです。

ちなみにリベレーターって解放者って意味らしいです。リベレイターともいうらしいです。

ここで修得するアクションは超高難易度コンテンツである絶バハムート討滅作戦や絶アルテマウェポン破壊作戦でも使います。

アーサリースター

評価 :5/5。
アクション 効果

アーサリースター
指定した地面に「アーサリースター」を設置し、自身に「星の支配者」を付与する。
効果時間:10秒
星の支配者の効果時間中に再使用すると「ステラバースト」を発動し、範囲内の敵に無属性魔法攻撃。
威力:100
追加効果:範囲内の自身とパーティメンバーを回復する。
回復力:540
効果時間が経過するとアーサリースターが強化され、自身に「巨星の支配者」を付与する。
効果時間:10秒
巨星の支配者の効果時間が経過するか、効果時間中に再使用すると「ステラエクスプロージョン」を発動し、範囲内の敵に無属性魔法攻撃。
威力:150
追加効果:範囲内の自身とパーティメンバーを回復する。
回復力:720
修得 種類 消費MP
Lv62 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 60秒 30m8m

占星術師はこいつの使い方で上手い下手がわかるくらい重要なアビリティです。効果を読んでもわかるように、基本的に11秒~20秒のタイミングで使うのが大きなポイントです。ですのでタイムラインを覚えておく必要があります。

全体攻撃に合わせて完璧にステラエクスプロージョンを発動できる占星術師は間違いなく上手な占星術師です。

(まぁ周回コンテンツを何周かしたら自然とタイムラインとタイミングなんて覚えいくと思います。慣れの度合いを測るのにもってこいのアビリティです。)

マレフィガ

評価 :5/5。
アクション 効果

マレフィガ
対象に無属性魔法攻撃。
威力:210
修得 種類 消費MP
Lv64 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
1.5秒 2.5秒 25m0m

マレフィラと比べて威力が40増えました。

マレフィクマスタリーII

特性名 修得 効果

マレフィクマスタリーII
Lv62 マレフィラがマレフィガに変化する。

これに伴って、マレフィラが使えなくなりマレフィガを使えるようになります。

ライトスピード効果アップ

特性名 修得 効果

ライトスピード効果アップ
Lv68 ライトスピードのリキャストタイムを90秒に短縮させる。

ライトスピードが90秒になります。大きく移動するところに使うのがベストですが、リキャ毎に使うのもOKです。というのも占星術師で一番忙しいのは360秒の時です。ここでは薬もディヴィネーションもスリーヴドローも使うので、必ず360秒にはライトスピードを合わせましょう。

スリーヴドロー

評価 :5/5。
アクション 効果

スリーヴドロー
自身に付与されていないディヴィネーションシンボルを持つカードをドローする。
ディヴィネーションシンボルが付与されていない場合、もしくは3種類すべてが付与されている場合は、6枚のカードからランダムで1枚をドローする。
「プレイ」および「マイナーアルカナ」が引いたカードに応じたアクションに変化する。
追加効果:自身のMPを最大MPの8%分回復する。
修得 種類 消費MP
Lv70 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 180秒 0m0m

これが120秒のアビリティだと嬉しんだけどなぁ…基本的にディヴィネーションのシンボルの穴埋めに使うことができるアビリティです。

リキャストが180秒なので、2回に1回は自力でシンボルを揃えないといけないんですが、運が悪ければ2種類のシンボルしか集められないなんてザラにあります。Patch5.3までは3回カードを引けるすごく強いアビリティでした。シンボルの面ではすごく便利になりましたが、ちょっと弱体化してしまったアビリティです。

Lv71~Lv80で修得できるアクションや特性

漆黒のヴィランスで覚えることができるアクションです。ここまで把握できればあなたは一人前の占星術師間違いなしです!

コンバガ

評価 :5/5。
アクション 効果

コンバガ
対象に無属性の継続ダメージを付与する。
威力:60
効果時間:30秒
修得 種類 消費MP
Lv72 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
1.5秒 2.5秒 25m0m

コンバラと比べて総威力が100増えました。

コンバスマスタリーII

特性名 修得 効果

コンバスマスタリーII
Lv72 コンバラがコンバガに変化する。

これに伴って、コンバラが使えなくなりコンバガを使えるようになります。

マレフィジャ

評価 :5/5。
アクション 効果

マレフィジャ
対象に無属性魔法攻撃。
威力:250
修得 種類 消費MP
Lv72 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
1.5秒 2.5秒 25m0m

マレフィガと比べて威力が40増えました。

マレフィクマスタリーIII

特性名 修得 効果

マレフィクマスタリーIII
Lv72 マレフィガがマレフィジャに変化する。

これに伴って、マレフィガが使えなくなりマレフィジャを使えるようになります。

星天交差

評価 :5/5。
アクション 効果

星天交差
自身またはパーティメンバーひとりを対象とする。
対象のHPを回復する。
回復力:200
ダイアーナルセクト時追加効果:対象に一定量のダメージを防ぐバリアを張る。
このバリアは回復量の200%分のダメージを軽減する。
効果時間:30秒
ノクターナルセクト時追加効果:対象のHPを継続回復する
回復力:150
効果時間:15秒
この継続回復効果は同時に1つしか付与されない。
発動条件:「ダイアーナルセクト」または「ノクターナルセクト」効果中
修得 種類 消費MP
Lv74 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 30秒 30m0m

白魔道士でいうディヴァインベニゾン的なアビリティです。継続ダメージ更新のドローと一緒に使いましょう。

強攻撃に使うのもいいですが、基本的にオートアタックのケアとして使うことをお勧めします。

ちなみにダイアだとディヴァインベニゾンのようなバリアアビリティ。ノクタだとアスペクト・ベネフィクのような継続回復アビリティです。

ホロスコープ

評価 :3.5/5。
アクション 効果

ホロスコープ
自身と周囲のパーティメンバーに「ホロスコープ」を付与する。
効果時間:10秒
ホロスコープの効果時間中に、自身が実行するヘリオスおよびアスペクト・ヘリオスを受けると、ホロスコープは「ホロスコープ・ヘリオス」に変化する。
効果時間:30秒
ホロスコープおよびホロスコープ・ヘリオスの効果時間が経過するか、効果時間中に再使用すると、ホロスコープおよびホロスコープ・ヘリオスの効果を受けている自身と周囲のパーティメンバーを回復する。
ホロスコープ効果中の回復力:200
ホロスコープ・ヘリオス効果中の回復力:400
修得 種類 消費MP
Lv76 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 60秒 0m20m

ホロスコープ効果中にアスペクト・ヘリオス、またはヘリオスを使うと、ホロスコープ・ヘリオスに進化して効果量があがるちょっと変わったアビリティです。

ホロスコープのままでも使えますが、回復力が200と雀の涙、猫の額ほどしか回復力がありません。できればホロスコープ・ヘリオスにして使っていきたいですね。

ちなみに開幕30秒以内に全体攻撃がある場合はカウントダウンに準備してホロスコープ・ヘリオスの状態で戦闘を開始するとロスなく使うことができますので覚えておきましょう。

ディグニティ効果アップ

特性名 修得 効果

ディグニティ効果アップ
Lv78 ディグニティがチャージアクションになる。
最大チャージ数:2

ディグニティがチャージアクションになります。1個は保険でとっておいて、常にリキャストが回っている状態を維持しましょう。

ニュートラルセクト

評価 :4.5/5。
アクション 効果

ニュートラルセクト
一定時間、自身の回復魔法の回復量を20%増加させる。
追加効果:アスペクト・ベネフィクおよびアスペクト・ヘリオスの実行時に、ダイアーナルセクトとノクターナルセクトの両方の追加効果が発動する。
効果時間:20秒
修得 種類 消費MP
Lv80 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 120秒 0m0m

占星術師最後に覚えるアビリティはニュートラルセクトです。効果対象がアスペクト・ヘリオスとアスペクト・ベネフィクしかありませんが、ダイアとノクタの両方の追加効果を得ることができるので非常に強力です。

高難易度ではここぞというときに使うアビリティです。

ロールアクション

ロールアクションは、クラス・ジョブ別に修得する各ロールに適したアクションです。

リポース

評価 :1/5。
アクション 効果

リポーズ
対象に睡眠を付与する。
効果時間:30秒
実行後にオートアタックを停止する。
修得 種類 消費MP
Lv8 魔法 MP600
キャスト リキャスト 距離 範囲
2.5秒 2.5秒 30m0m

新生エオルゼア時代にレベリングではめちゃくちゃよく使ってました。今は使わないです。

さらちゃん

新生エオルゼア時代のレベリングは敵を1体ずつ倒していく戦法が主流だったんだ!今では考えられないけど3体敵がいれば2体をリポーズで眠らせてたんだ!

えぽちゃん

その点、黒魔道士のスリプルは範囲睡眠だったからすごい優秀だったんだよ!

エスナ

評価 :3/5。
アクション 効果

エスナ
対象にかかった一部の弱体効果を1つ解除する。
修得 種類 消費MP
Lv10 魔法 MP400
キャスト リキャスト 距離 範囲
1秒 2.5秒 30m0m

デバフのなかでも、アイコンの上に横棒が入ったデバフに使うことができるアクションです。率先してデバフは解除してあげましょう。

中には解除しなくても問題ないデバフもあったりするので、そこに関しては経験を積んで覚えてみてください。

迅速魔

評価 :5/5。
アクション 効果

迅速魔
一定時間、次の1回の魔法詠唱について、詠唱時間無しで詠唱することができる。
効果時間:10秒
修得 種類 消費MP
 Lv18 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 60秒 0m0m

レイズと迅速魔はセットで。迅速グレアで移動にも使えます。

ルーシッドドリーム

評価 :5/5。
アクション 効果

ルーシッドドリーム
自身のMPを継続回復する。
効果量:50
効果時間:21秒
修得 種類 消費MP
Lv24 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 60秒 0m0m

MPが3500(MP回復500×7Tick)回復するアビリティです。ディアの更新タイミングで使うのがベストです。

堅実魔

評価 :3/5。
アクション 効果

堅実魔
一定時間、魔法詠唱を詠唱妨害されずに行うことができる。
さらに、一部を除くすべてのノックバックと引き寄せを無効化する。
効果時間:6秒
修得 種類 消費MP
Lv44 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 120秒 0m0m

詠唱妨害対策に使うより、ノックバックと引き寄せ対策に使うことが多いです。主に高難易度コンテンツで活躍するアビリティです。そもそも使わないとギミックの難易度を自ら上げているのと何ら変わりはないです。然るべきところでしっかり使いましょう。

救出

評価 :2/5。
アクション 効果

救出
パーティメンバーひとりを対象とする。
対象を自身の近くに引き寄せる。
対象が一部の状態異常を受けている、もしくは非戦闘中の場合は効果無し。
発動条件:自身が戦闘状態
修得 種類 消費MP
Lv48 アビリティ
キャスト リキャスト 距離 範囲
Instant 120秒 30m0m

見せプ専用アビリティ。野良にはできるだけ使わないほうがいいでしょう。

これを使ってファインプレーするヒーラーは超上級者。見てて惚れる。

2件のコメント

とても有益な情報ありがとうございます!
最近ヒーラーで復帰しました。まだ白しかやってないですが、いつか絶もヒーラーでクリアしてみたいと思っているのでこちらのブログを参考に鍛錬します!

コメントありがとうございます!
白版のアクション解説もありますのでそちらも是非ご覧なってください~!
絶は個人技も重要ですが、1ミス1ワイプになることが多いコンテンツですのでチームプレイが重要になってきます…
頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

さらちゃん
さらちゃんとしてエオルゼアに降り立ったのは2014年6月13日。
Shinryuでスタートしレイド攻略に興味を持ちました。邂逅編と侵攻編を詩人でクリア、真成編を学者でクリア、起動編、律動編、天道編とデルタ編は白魔道士でクリアできました。
紅蓮のリベレーター中旬時代からFF14を長期休止しており、空白の期間に絶シリーズが解放されていたのでクリアするために必死でした。絶バハと絶テマを初めてクリアできたときはめちゃくちゃ嬉しかったです。また絶テマ固定だけクリア者抜きでの挑戦だったのでいい経験になりました。初見だけで攻略するFF14はアドバイスがないので三思後行、切磋琢磨できる楽しい環境でした。絶アレキも、もちろんクリアしました。
過去にクリアしたコンテンツは絶バハを3固定で、絶アルテマを3固定、絶アレキを2固定、その他零式は全てクリア。
普段はFenrirのミストヴィレッジの海岸でひっそりと暮らしています。