【FF14】ヒールの計算式を詳しく解説

こんにちは、さらちゃんです。今回はヒールの計算式について書いていこうと思います。式は私は作ったのではなく海外のプレイヤーが作った資料を参考にしています。

「このMNDと意思力だとどれくらい回復するんだろ?」と思ったプレイヤーも多いと思います。それを今回実際に数値を入れてみて遊んでみようと思います。

さらちゃん

すこし難しいことも書いてあるから上級者向けの記事かも!

今回参考にした資料はこちら

ヒールの計算式

H1 = ⌊ Potency × f(HMP) × f(DET) ⌋ /100 ⌋ /1000 ⌋
H2 = ⌊ H1 × f(TNC) ⌋ /1000 ⌋ × f(WD) ⌋ /100 ⌋ × Trait ⌋ /100 ⌋
H3 = ⌊ H2 × f(CRIT) ⌋ /1000 ⌋
H = ⌊ H3 × rand[97,103] ⌋ /100 ⌋ × buff_1 ⌋ × buff_2  ⌋

これだけ見たら意味不明だと思います。私も意味不明でした。関数っていうワード自体久しぶりに聞いたので…
簡単にするとこんな感じです。

H1 = ⌊ スキル威力倍率 × f(回復魔法威力) × f(意思力) ⌋ /100 ⌋ /1000 ⌋
H2 = ⌊ H1 × f(不屈) ⌋ /1000 ⌋ × f(魔法基本性能) ⌋ /100 ⌋ × 特性 ⌋ /100 ⌋
H3 = ⌊ H2 × クリティカル※した場合 ⌋ /1000 ⌋
H = ⌊ H3 × ブレ幅[97%,103%] ⌋ /100 ⌋ × テンパランスなどのバフ ⌋ × テンパランスなどのバフ  ⌋

ガウス記号について

式を囲っている⌊ ⌋はガウス記号と言い、ある実数を超えない最大の整数を表す記号です。
今回は数値を切り捨てて整数にしていると頭に入れておけば大丈夫です。

えぽちゃん

ふむふむなるほど完全に理解した←

さらちゃん

あ…(これ分かってないやつの返事だ…)

それでは一個づつ順番に解説していきます。また今回紹介する計算式の一部は添付した資料には載っておらず、変数の部分を自分で代入して一番近かったものを紹介しています。

もう一つ注意点として、Lv80とLv70ではf(HMP)の計算式が違います。今回はLv90で紹介しますので注意してください。

また最初に紹介した式はHoT(継続回復)に対応していませんが、記事の下のほうで解説しています。

H1の式を紐解く

まずはH1から説明していきます。

Potency スキル威力倍率

H1にあるPotency、これはアクションの回復力のことです。ケアルであれば500、テトラグラマトンであれば700です。この数値を入れるだけです。

f(HMP) 回復魔法威力

f(HMP)はHealling Magic Potencyの略で回復魔法威力=MNDのことです。

f(HMP)の式は

f(HMP) = ⌊ 100 × ( HMP – Level Lv, MAIN ) / 268 ⌋ + 100

で、今回は3077で計算します。なので

f(HMP) = ⌊ 100 × ( 3077 – 390 ) / 268 ⌋ + 100
f(HMP) = ⌊ 100 × 2687 / 268 ⌋ + 100
f(HMP) = ⌊ 268700 / 268 ⌋ + 100
f(HMP) = ⌊ 1002.61… ⌋ + 100
f(HMP) = 1002.00 + 100
f(HMP) = 1102.00

です。基本的に今回使う関数は全て小数点以下は切り捨てで、Excelやスプレットシートの関数だとINT関数を使います。

ちなみにLevel Lv, MAINはALLAGAN STUDIESのLEVEL MODIFIERSの表から取ってます。Lv90なので390を使います。268は変数です。(※実際に計算して誤差がほとんどなかったから合ってると思います)

f(DET) 意思力

f(DET)はDeterminationの略で意思力の関数です。式は

f(DET) = ⌊ 140 × ( DET – Level Lv, MAIN )/ Level Lv, DIV + 1000 ⌋
f(DET) = ⌊ 140 × ( 意思力 – 390 )/ 1900 + 1000 ⌋

Level Lv, DIVはALLAGAN STUDIESのLEVEL MODIFIERSの表から取ってきます。Lv90のDIVは1900です。

ちなみになぜ390なのか…おそらく全ての装備を外したとき、意思力の初期値が390だからと推測しています。

今回は意思力1883を入れて計算すると

f(DET) = ⌊ 140 × ( 1883 – 390 ) / 1900 + 1000 ⌋
f(DET) = ⌊ 140 × 1493 / 1900 + 1000 ⌋
f(DET) = ⌊ 209020 / 1900 + 1000 ⌋
f(DET) = ⌊ 110.01… + 1000 ⌋
f(DET) = ⌊ 1110.01… ⌋
f(DET) = 1110.00

となります。

※パッチ5.Xのときは140の部分が130でしたが、パッチ6.0のときに意思力の修正が入り強化されました。

H2の式を紐解く

続いてH2の式を紐解いていきます。

f(TNC) 不屈

ヒーラーだと不屈のサブステータスは付かないので基本1で計算します。ナイトのクレメンシーや戦士の原初の猛りに影響してくる項目です。

せっかくなので式だけ紹介しておきます。不屈はヒーラーの数値を代入しています。

f(TNC) = ⌊ 100 × ( TNC – Level Lv, SUB )/ Level Lv, DIV + 1000 ⌋
f(TNC) = ⌊ 100 × ( 不屈 – 400 ) / 1900 + 1000 ⌋
f(TNC) = ⌊ 100 × ( 400 – 400 ) / 1900 + 1000 ⌋
f(TNC) = ⌊ 100 × 0 / 1900 + 1000 ⌋
f(TNC) = ⌊ 0 / 1900 + 1000 ⌋
f(TNC) = ⌊ 0 + 1000 ⌋
f(TNC) = 1000.00

となります。

Level Lv, SUBは400を代入して計算してください。

f(WD) 武器基本性能

この関数は武器基本性能を元にした式で、

f(WD) = ⌊ ( Level Lv, MAIN × Job Job, Attribute / 1000 ) + WD ⌋

となっています。

Job Job, Attributeはジョブ補正値と言われる隠れステータスのことで白魔道士、学者、占星術師、賢者は全てMND115になっています。Level Lv, MAINは390でWDは基本魔法性能を入れるので今回は127を入れます。

f(WD) = ⌊ ( 390 × 115 / 1000 ) + 127 ⌋
f(WD) = ⌊ ( 44850 / 1000 ) + 127 ⌋
f(WD) = ⌊ 44.85 + 127 ⌋
f(WD) = ⌊ 171.85 ⌋
f(WD) = 171.00

Trait 特性

よく忘れがちなLv40で覚えるアレです。

アクションダメージ・回復量アップIIのことで単純に1.3を乗算します。

H3の式を紐解く

この項目はクリティカルが発生したときのみ乗算する式です。

f(CRIT) クリティカル

ダメージの計算とクリティカルが発生する確率を求める式が二つありますが、使うのはダメージ計算の式のほうです。

f(CRIT) = ⌊ 200 × ( CRIT – Level Lv, SUB ) / Level Lv, DIV  + 1400 ⌋

式はこんな感じでクリティカルは2312で計算します。

f(CRIT) = ⌊ 200 × ( 2312 – 400 ) / 1900 + 1400 ⌋
f(CRIT) = ⌊ 200 × 1912 / 1900 + 1400 ⌋
f(CRIT) = ⌊ 382400 / 1900 + 1400 ⌋
f(CRIT) = ⌊ 201.26… + 1400 ⌋
f(CRIT) = ⌊ 1601.26… ⌋
f(CRIT) = 1601.00

となります。確率の計算式は

f(CRIT R) = ⌊ 200 ×( CRIT – Level Lv, SUB ) / Level Lv, DIV + 50 ⌋ / 10

となっており、クリティカルの数値を入れると

f(CRITr) = ⌊ 200 ×( 2321 – 400 ) / 1900 + 50 ⌋ / 10
f(CRITr) = ⌊ 200 ×1912 / 1900 + 50 ⌋ / 10
f(CRITr) = ⌊ 382400 / 1900 + 50 ⌋ / 10
f(CRITr) = ⌊ 201.26… + 50 ⌋ / 10
f(CRITr) = ⌊ 251.26… ⌋ / 10
f(CRITr) = 251.00 / 10
f(CRITr) = 25.1 %

となり、25.1%の確率でクリティカルになり、そのダメージ倍率は1.601倍になることが計算できました。

ヒールにはダイレクトヒットが存在しないので、運が関わってくるのはクリティカルだけになります。

それぞれの結果を式に代入して計算する

それでは最初に紹介した

H1 = ⌊ Potency × f(HMP) × f(DET) ⌋ /100 ⌋ /1000 ⌋
H2 = ⌊ H1 × f(TNC) ⌋ /1000 ⌋ × f(WD)  ⌋ /100 ⌋ × Trait ⌋ /100 ⌋
H3 = ⌊ H2 × f(CRIT) ⌋ /1000 ⌋
H = ⌊ H3 × rand[97,103] ⌋ /100 ⌋ × buff_1 ⌋ × buff_2  ⌋

に計算した数値を入れていきます。今回は試行回数を多くチェックしやすいケアルで回復量を計算していきます。

H1 = ⌊ Potency × f(HMP) × f(DET) ⌋ /100 ⌋ /1000 ⌋
H1 = ⌊ 500 × 1102 × 1110 ⌋ /100 ⌋ /1000 ⌋ ←ケアルの回復量は500
H1 = ⌊ 611610000 ⌋ /100 ⌋ /1000 ⌋
H1 = ⌊ 6116100 ⌋ /1000 ⌋
H1 = ⌊ 6116.1 ⌋
H1 = 6116

H2 = ⌊ H1 × f(TNC) ⌋ /1000 ⌋ × f(WD) ⌋ /100 ⌋ × Trait ⌋ /100 ⌋
H2 = ⌊ 6116 × 1000 ⌋ /1000 ⌋ × 171 ⌋ /100 ⌋ × 130 ⌋ /100 ⌋
H2 = ⌊ 6116 ⌋ × 171 ⌋ /100 ⌋ × 130 ⌋ /100 ⌋
H2 = ⌊ 1045836 ⌋ /100 ⌋ × 130 ⌋ /100 ⌋
H2 = ⌊ 10458.36 ⌋ × 130 ⌋ /100 ⌋
H2 = ⌊ 10458.0 ⌋ × 130 ⌋ /100 ⌋
H2 = ⌊ 1359540 ⌋ /100 ⌋
H2 = ⌊ 13595.4 ⌋
H2 = 13595.0

13595がこのステータスでケアルを行ったときの中央値になります。ヒールのブレ幅は±3%なので上限が14002で下限が13187になります。

もしもケアルがクリティカルしたときの回復量は

H3 = ⌊ H2 × f(CRIT) ⌋ /1000 ⌋
H3 = ⌊ 13595 × 1601 ⌋ /1000 ⌋
H3 = ⌊ 13595 × 1601 ⌋ /1000 ⌋
H3 = ⌊ 21765595 ⌋ /1000 ⌋
H3 = ⌊ 21765.59… ⌋
H3 = 21765

になります。クリティカルの確率の計算は先ほど紹介したので省きます。結果、25.1%の確率で回復量21765±3%で回復できるということがわかりました。

あとはテンパランスを使っている場合は1.2を乗算したり、アサイラムに乗っているプレイヤーに1.1の乗算をしたら計算終了です。

継続回復の計算式

継続回復にスペルスピードの期待値が乗算されます。なのでH2の式にスペルスピードの期待値を追加します。

H2 = ⌊ H1 × f(TNC) ⌋ /1000 ⌋ × f(SPD) ⌋ /1000 ⌋ × f(WD) ⌋ /100 ⌋ × Trait ⌋ /100 ⌋

となります。f(SPD)の式は

f(SPD) = ⌊ 130 × ( SS – Level Lv, SUB ) / Level Lv, DIV + 1000 ⌋

です。今回はスペルスピード809で計算します。

f(SPD) = ⌊ 130 × ( 809 – 400 ) / 1900 + 1000 ⌋
f(SPD) = ⌊ 130 × ( 409 ) / 1900 + 1000 ⌋
f(SPD) = ⌊ 53170 / 1900 + 1000 ⌋
f(SPD) = ⌊ 27.98… + 1000 ⌋
f(SPD) = ⌊ 1027.98 ⌋
f(SPD) = 1027.00

となりました。今回はメディカラを例に計算していきます。メディカラは200+150×5の継続回復を行います。ですので普通に回復する部分と継続回復する部分に分けて計算する必要があります。

計算式は省きますが、普通に回復する部分は6798で継続回復の部分は20945になり合計で26383の回復量になりました。

さらちゃん

こういった計算はExcelやスプレッドシートに起こしてから計算したほうが数値を変えるとき凄い楽になるよ!

さらちゃんは普段Excelで計算してます!

最後に

疲れた~

普段はこういった計算をしないんですが、ちょっと興味があって計算してみました。数値もほとんぶブレなく収まっていたのでかなり正しいと思います。

こういった計算ができるようになると他人に頼らず自分で装備を組めたりできるようになるのでオススメです。

今回は与ダメではなくヒールの計算でしたが、読み解いてもらうと、とてもいい記事になったと思います。正直上級者向けな記事ですので興味がない人もたくさんいると思います。

与ダメに関してはまた今度記事を上げる予定です。

閲読ありがとうございました。

注意事項

今回紹介した計算式ですが、占星術師のアーサリースターと学者の癒しの光はまた違った計算をしているので数字がぴったり合わないと思います。計算していないのでわからないですが、正直誤差レベルだと思うので今回省かせていただきました。

また気が向いたら書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
さらちゃん
ミストヴィレッジの海岸でひっそりと暮らしています。占星術師、白魔道士メインでピュアヒラ向けの記事を書いてます。自キャラのララフェルとミコッテに溺愛しています。Twitterフォローしてくれると嬉しいです♡