初心者ブロガーのさらちゃんです!ゆっくりしていってね!

【FF14】HUDレイアウト

こんにちは!さらちゃんです!今回はHUDレイアウトについて記事を書いていきますね!

さらちゃん

こんにちは!さらちゃんです!

  • 白魔導士で全絶シリーズ踏破済みでGaiaダメージランキング1位!
  • なんと2か月目でブログ月間10,000PV達成しました!

皆さんのおかげです♪ありがとうございます!

どんなHUDレイアウト使ってる?

FF14はHUDレイアウトを変更して自分の戦いやすいようにカスタムすることができます

HUDレイアウトは【システムメニュー】→【HUDレイアウトの変更】から行うことができます。

これは私が使っているHUDレイアウトです。

いつもお世話になっているプルボル先生です。
さらちゃん

私は広く視野を取って戦闘したいプレイスタイルだから出来るだけHUDを小さくしているんだ!

えぽちゃん

HUD小さかったらデバフとか見にくくないの?

さらちゃん

基本的にデバフはパーティリストで見ているかなぁ…色んなところ見るとしんどいしね!
基本的に欲しい情報はパーティリストに入ってるからね…

HUDレイアウトで大切なことは自分の苦手な分野や強化したい部分に最適化してあげることです。

例えば…

  • 視野を広く取って出来るだけに不測の事態に対応したい。
  • デバフ処理を怠るときがあるからデバフリストを大きく表示する。
  • 敵が何しているのか視覚的に捉えやすいように敵の詠唱バーを大きくする
  • タンクがメインだから敵視リストは大切にしたい
  • バフの管理をしっかりしたいから別のホットバーを用意してアビリティだけを集める
  • チャットが好きで常にチャットは見れる大きさを確保したい。
  • FPSゲーム感覚でFF14をやっているから、マップはやっているFPSゲームと同じ位置に配置したい。
  • ヒーラーなのでパーティリストは絶対に目を離さない場所に置いておきたい

など、色んな要因が重なって、今の貴方のHUDレイアウトがあると思います。

個別に設定することで自由度が高くなります。

ただレイアウトにコロコロ変えていると目が慣れず、ずっとワタワタしたようなプレイスタイルになると思います。

実際自分もそうでした。

大切なのは早いうちに自分のルールを作って、そこからHUDを変えないぞ!という強い意思ですかね…

実際自分も中央森林でひたすらHUDレイアウトとにらめっこしていた時期がありました。

さらちゃん

1週間くらい毎日2時間くらいずっとHUDレイアウトを変えて、しっくり来るまで考えてました…まぁそれ以降もちょっとずつ改良を加えていって今に至る…みたいな?
画面に顔を近づけてミリ単位で合わせて綺麗にしてました…若干几帳面な部分がありますが…

例えばデバフリストの確認にはアジムステップに居るプルボルに臭い息をかけてもらって調整を繰り返していました。彼の息は臭いですが、いい仕事をしてくれます。

HUDレイアウトで大切な目線の動き

これはFPSゲームでも大切な技術なのですが、目で隅々までフィールドやマップを索敵し先制で攻撃を仕掛ける…

実際の目の動きを画面上に表示できるコンタクトレンズ?みたいな物も存在していて、これを使ってFPSプロプレイヤーの目の動きを確認したところやっぱり凄い目の動きをしていた…という動画を見たことがあります。

えぽちゃん

「戦闘中の目線の動き方を可視化」でYoutubeで検索すると出てくるよ!

これはFF14にも近いことは言えますが、FF14でそこまで目を動かしていると疲れるのでどうしたらいいのかと言うと、

出来るだけ目の動きを最短距離にするということです

例えば、極端な例ですがこちらの画像

HUDレイアウト4の初期設定画面

よく見るであろうパーティリストや敵にかかっているデバフ、敵視リストがバラバラで目を動かすのが大変そうです。

私のHUDレイアウトの場合

基本的に見ているのはパーティリストと相手のデバフです。その間に敵視リストを入れる事で目の動かす距離を出来るだけ短くしています。もちろんもっと最短には出来ますがあまりに集中しすぎるとそこしか見れなくなるのである程度画面の真ん中を見れる適度な位置関係がベストです。

使っているモニターの解像度によってHUDの配置が変わる

言い忘れていましたが私のモニターの解像度は3440×1440で34インチです。一般的な24インチのモニターであれば1920×1080だと思います。

解像度によって見えてくる情報量が違いますし、配置できるスペースも違います。

※5360pxは1920px+3440pxの合算値

画面が広い分ちょっとだけ有利になるコンテンツもあるのでもしお金に余裕があれば買ってみるといいかもしれませんね!

大切なのは解像度であってインチではありません。例えばLGとAcerから出ているモニター(下の画像を参照)は34インチと35インチですが解像度は2560×1080です。1920×1080と比べて横に毛の生えたくらいの解像度が増えるだけです。「ウルトラワイドモニターとは、通常のモニターよりも横幅が広い製品のことを指します。」という非常に曖昧な定義で売りに出されているケースが多くあるので注意しましょう。

2560×1080のウルトラワイドは恩恵が少ない。

例えばI-O DATAから売られているこちら(下の画像を参照)のモニター。解像度が3440×1440ですので広い視野を確保できます。

さらちゃん

FF14にはオーバースペックだけど、さらちゃんが知ってるウルトラワイドモニターの中にはこんなモンスター級のモニターもあるよ!LGから出てるモニターなんだけど解像度はなんと5120×1440!!一度でいいからこのモニターでFF14をやってみたいですね!w

えぽちゃん

流石にオーバースペックでしょwwwww

余談

FF14のスクリーンショットは使っているモニターの解像度で保存されるんだ。例えば1920×1080のモニターを使っていれば約207万画素で保存されるよ。じゃあ4K解像度の3840×2160でスクリーンショットを撮ると…なんと約830万画素で保存されるんだ!じゃあ8Kの解像度で保存したら…解像度は7680×4320だから約3320万画素でスクショが撮れちゃうんだ…!

ここまで解像度が大きいと勿論、容量もすぐいっぱいになっちゃうけどSSの加工が非常にしやすくなるんだ。ただ8Kはまだ高い買い物になるので手を出しにくいのが現状ですね…

メインジョブや使っているデバイスで何が最適か考える

例えばジョブによってHUDが変動するものなどは置き場所をしっかり考えないといけません。

モンクの闘気や踊り子のエスプリゲージ、占星術師のカードなどもそうですね。あれが見にくい場所に置いてあるとゲージが溢れていたり視線が散漫になってしまいがちです。

時間経過や攻撃などによって決まった数値が増加するゲージであれば問題ないのですが…

またデバイスによっても変わってきます。ゲームパッドを使っているのであればクロスホットバーを選択しているでしょうし、キーボマウスであれば基本的に通常のホットバーを使っていると思います。

えぽちゃん

クロスホットバーを使ったことが無いけど…LとRによってスキルの表示が変わったりするんですかね…

例えば私はLogcoolのG600というマウスを使っています。これはサイドボタンが12個付いているモンスターマウスなんですがめちゃ便利です。

私はわかりやすように1つのホットバーを3×4にして使っています。

G600であればGshiftキーによっての切り替えも魅力的ですが、私はマウスの右薬指のクリック部分にCtrlを入れてShiftを左小指で押してスキルを使い分けています。自分はこの方法で慣れちゃったので変えるつもりは無いですが、ここは自分の操作しやすいキーバインドが一番いいかと思います。

キーバインドとは

【システムメニュー】→【キーバインド変更】でキーボードのキーの役割を変更できるシステムです。ショートカットなど便利な物を登録できます。

私は戦闘中の暴発が怖いのでショートカットは全てOFFにしています。

外部ツールによって変わるHUDレイアウトを決める

こちらは一般向けではないので別記事にてご説明しております。外部ツールを使用したカスタマイズになります。

【FF14】外部ツールと合わせたHUDレイアウト

過去に開催されたFF14のHUDコンテストを参照にしてみる

懐かしいですね。これは2015年に開催されたFF14公式のHUDコンテストです。私もHEALER編で参加しましたが無事落選しました。

さらちゃん

ありがとうございましたw

あのジョブのUIレイアウトが知りたい!【HEALER編】

あのジョブのUIレイアウトが知りたい!【TANK編】

あのジョブのUIレイアウトが知りたい!【近接DPS編】

あのジョブのUIレイアウトが知りたい!【遠隔物理DPS編】

あのジョブのUIレイアウトが知りたい!【遠隔魔法DPS編】

最後に

いかがだったでしょうか?今回はHUDレイアウトの参考例を私の経験を交えて記事にしてみました。最後にご紹介したHUDのフォーラムはネタ枠もありますが非常に参考になるレイアウトばかりです。

ここから自分の気に入ったものを見つけてカスタマイズしていくのが一番いいかもしれませんね

さらちゃん

さらちゃんもこのコンテストを参考にしてHUDをカスタムしてました!落選したのはしょうがないけど学ぶところもいっぱいあったからねw

ここまで読んでくれてありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。